お茶ダイエットでメタボ対策|お茶の種類や飲み方・コンビニで買えるお茶は?

お茶ダイエットはメタボ対策の中で重要な食事習慣の見直しを含めたダイエットと相性が良く、誰でも取り入れやすいです。

お茶ダイエットは

  • 普段飲んでいるお茶をダイエット茶に代えるだけ
  • いつでも、どこでもダイエットサポートになる
  • ノンカロリーなのでダイエット中の飲み物として優秀
  • 健康や美容に良い成分も同時に摂れる

ということもあり、習慣化しやすいメリットがあります。

メタボ解消を目指してダイエットをしている人はお茶ダイエットに注目してみてはいかがでしょう?

こちらではお茶ダイエットの効果やダイエットサポートに役立つ理由、ダイエット目的のお茶の選び方をご紹介しています。コンビニでも購入できるお茶もご紹介しているので、お茶ダイエットが気になっている人は参考にしてみてくださいね。

お茶ダイエットでメタボ対策!ダイエットサポートに役立つ理由とは?

お茶ダイエットが、今頑張っているダイエット効果をサポートしてくれる理由には

  • お茶に含まれる成分がダイエットをサポート
  • 水分補給にもなり、代謝アップをサポート
  • 空腹感を満たしてダイエット中のストレス軽減
  • ダイエットへの意識が自然に高まる
  • 効果が認められたトクホ飲料でダイエットサポート

という点が挙げられます。

お茶に含まれる成分には私達の体を健康に保つための成分や食事に含まれる糖や脂質の吸収を抑えてくれるトクホ飲料などのダイエットを直接的にサポートしてくれる成分や、水分補給と共に食物繊維を含むことで空腹感を紛らわすといったダイエット時のストレスを減らすのに役立ってくれる面があります。

また、茶葉の中にはリラックス作用を持つものもあるため、ストレスを感じやすいダイエット中の心を整えるのに役立つお茶も多いです。これらを継続していくことで、自然とダイエットへの意識も高まるのがお茶ダイエットのメリットとも言えます。

お茶に含まれる成分がダイエットをサポート

お茶に含まれる成分には

  • 脂肪燃焼を高める
  • 糖や脂肪の吸収を抑える
  • 腸内環境を整える
  • 食欲を抑える

といった有用な働きが期待できる成分を含むため、ダイエットと共に飲むことでダイエット効率をアップしてくれる働きが期待できます。

お茶に含まれる成分で知られているものには

  • カテキン:ポリフェノールの一種で抗酸化成分、体脂肪や血圧、血糖値などにも良いとされる成分
  • GABA(ギャバ):アミノ酸の一種でコレステロールや中性脂肪に対して良い働きが確認されている成分
  • ウーロン茶重合ポリフェノール:体内への脂肪吸収の抑制などダイエットサポートに役立つ成分でトクホ飲料でも人気の成分
  • カフェイン:ダイエットでは新陳代謝や脂肪の燃焼に働きかける
  • リパーゼ:脂肪を分解する働きをサポートする
  • ギムネマシルベスタ:糖の吸収を抑える働きが確認されているトクホ飲料でも人気の成分

などがあります。これらは特別なお茶に含まれる成分ではなく、普段飲む機会が多い身近なお茶でも摂ることができます。この点もお茶がダイエットに役立つと言われる理由になっています。

さらにお茶に含まれる成分の利尿作用は女性に多いむくみ対策にもお茶はおすすめされていて、体内の代謝アップにも良い面があります。

お茶の成分で有名な成分をご紹介していきます。

カテキン

カテキンはお茶に含まれる苦味や渋味の成分です。タンニンの一種であり、ポリフェノールの一種となります。お茶に含まれる成分として広く知られています。

茶ポリフェノールとも呼ばれるカテキンですが、緑茶に多く含まれていて、血糖上昇抑制作用、コレステロールや中性脂肪上昇抑制作用、胆汁酸の排泄促進や脂肪燃焼作用といった働きが知られています。

ダイエットの面では脂肪燃焼に良いとされていて、運動前に飲むことで運動効果をサポートしてくれる期待が持てます。また、食前にとることで脂肪の吸収を穏やかにするなど、ダイエット中の食事コントロールにも役立ってくれます。

ちなみにカテキンの含有量はお茶の種類によって異なりますが、最も多く含まれていると言われているのが緑茶の煎茶です。煎茶の場合は、二番茶&三番茶がカテキンを多く含むとされています。

タンニン

タンニンはポリフェノールの一種で、植物や果物などに含まれる成分です。お茶では渋みの成分です。タンニンはお茶の色味にも影響があります。ワインにも多く含まれる成分で、抗酸化力が高いことで知られており、様々な健康効果が期待できると言われています。

カフェイン

カフェインはコーヒーに多く含まれることで知られていますが、お茶にも含まれています。苦味や風味にあたる成分で、ダイエットの分野では、脂肪燃焼作用の働きが期待できるということで、コーヒーダイエットなども話題になりました。

他にも利尿作用があるため、体内の余分な水分を排出するのに働きかけ、女性に多い、むくみ対策にも用いられることもあります。ただしカフェインには神経を高ぶらせる働きもあるため、摂取量には注意が必要で、人によっては夜に飲むと眠れなくなるといったケースもあります。

また、妊娠中の方や授乳中の方の場合は赤ちゃんへの影響を懸念してカフェイン摂取には注意するようにアドバイスを受けることが多いです。

テアニン

テアニンはお茶に含まれるアミノ酸の一つであるグルタミン酸の誘導体で、アミノ酸はお茶の旨味成分にあたります。お茶の葉には、グルタミン酸、アスパラギン酸、セリン、アルギニンといったアミノ酸が含まれていますが、中でもテアニンはお茶に含まれるアミノ酸の約半分を占める成分です。

テアニンはカフェインの神経を高ぶらせる作用を緩やかにする働きがあり、リラックス作用も持ち合わせており、自然のものでありながら、カフェインを含みながら、そのバランスを取る形になっています。

水分補給にもなり代謝アップをサポート

お茶は水分補給にもなりますので、1日に必要だと言われている水分1.5〜2リットルの中で水に加えて、お茶を飲むことで血液の流れをスムーズにしてくれます。血液の流れが良い体は酸素や栄養が体に行き渡りやすくなり、体の代謝アップにもつながることはダイエットにも良い影響を与えてくれます。

空腹感を満たしてダイエット中のストレス軽減

水分を摂ることは水分補給の他に空腹感を満たすことにもなります。お腹が空いた時などに飲むことでお腹も膨れます。ダイエットに良い成分を摂りつつ、食事の摂りすぎを防ぐことができるのもお茶の良さです。

ダイエットへの意識が自然に高まる

ダイエットは何気なく食べる量を控えるといった取り組み方よりも、何かを意識することで自然とダイエットへの取り組み方も変わってきます。

例えば、

  • 食事のカロリーや糖質量を自然にチェックする
  • 栄養バランスを確認する
  • 生活の中で体を動かすこと

などを意識することはとても重要です。そしてお茶をダイエットに取り入れることも、自然とダイエットを意識した生活を習慣化することができます。特に食事の内容がちょっとカロリーや脂質、糖質が多いといった時にどんなお茶を飲むのが良いのか?などを知っておくことで食べ過ぎ対策を行うことができるなど、自然とダイエットへの意識は高まっていきます。

効果が認められたトクホ飲料でダイエットサポート

普通のお茶でもダイエットに良い成分を含み、ダイエットサポートをしてくれますが、近年ではお茶に含まれる成分の効果に着目した特定保健用食品(通称トクホ)のお茶も多く販売されています。

○食生活において特定の保健の目的で摂取する者に対し、その摂取により当該特定の保健の目的が期待でき
る旨の表示を行うもの。
○特定保健用食品として食品を販売するには、その表示について消費者庁長官の許可を受けなければならない
(健康増進法第26条第1項)。
○表示の許可に当たっては、食品ごとに食品の有効性や安全性について国の審査を受ける必要がある。

引用:消費者庁:特定保健用食品とは?

コンビニやスーパー、薬局などでも取り扱われています。このトクホのお茶の登場がお茶ダイエットの人気を後押ししているといえます。

ダイエットサポートとして人気のトクホ飲料のお茶だと

  • 糖の吸収をおだやかにする
  • 体脂肪を減らすのを助ける
  • 脂肪の吸収を抑える
  • 脂肪の吸収を抑え、排出を増加させる

などがあります。2019年現在で1000以上の特定保健用食品が登録されていて、消費者からの注目度が伺えます。

もちろん、ただ飲むだけで痩せるということではなく、お茶に含まれるダイエットをサポートしてくれる成分を効率よく摂りたい人にとって便利な飲み物ですので、トクホ商品には「多重に摂取することにより、疾病が治癒するものではありません。食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。」というように記載がありますので、注意しましょう。

トクホなど効果が認められている成分を摂れるお茶を見つけやすくなるという点がメリットとなっています。

お茶ダイエットがおすすめな人

誰でも取り組めるというのがお茶ダイエットの魅力です。

特に

  • 一日の水分の摂取量が少ない傾向
  • 普段の飲み物がジュースなど甘い飲み物を飲むことが多い
  • お茶が好きで良く飲む
  • 食事制限をしているけど外食などの付き合いが多い
  • 運動や食事の面でダイエットに気を使っている

というような人はお茶ダイエットを習慣化させやすく、ダイエットサポートが期待できるので、今取り組んでいるダイエットにプラスしてみるのも良いでしょう。

ダイエット茶はまずい?

テレビなどで健康に良いと紹介されているお茶は、苦かったり、まずいといったリアクションをしているのを見ている人も多いですよね。そんなイメージからダイエットにおすすめされるお茶はまずいという印象を持つ人が多いです。ですが、近年ではメーカー側の努力もあり、飲みやすく改良されたお茶が増えています。

そのため、食事と一緒に飲んでも違和感が無いお茶が多く、コンビニなどで販売されているトクホ飲料も美味しいお茶が増えているのでダイエット茶はまずいというイメージを持っている人は、一度お試ししてみると味に関する印象が変わるかと思います。

お茶ダイエットにおすすめなお茶の種類

お茶ダイエットを実践するにあたって、お茶選びは大切ですよね。目的に合わせて自分にピッタリなお茶を選ぶためにお茶ダイエットでおすすめされるお茶の種類もチェックしておきましょう。

ウーロン茶

ウーロン茶は、茶葉を半発酵させたお茶です。日本でも定番の中国茶で身近なお茶として親しまれています。そんなウーロン茶には、カテキン、カフェイン、ポリフェノールなどの成分が含まれていますが、特に、ウーロン茶特有の「烏龍茶重合ポリフェノール」は、血中の中性脂肪・コレステロールの減少や食事に含まれる脂肪の吸収を抑えて排泄するといった働きが期待できるとされています。他にもカフェインやカテキンによる脂肪燃焼を促す働きもあるため、ダイエット中の飲み物としてもおすすめされています。

中でも黒烏龍茶は烏龍茶複合ポリフェノールは食事の脂肪吸収を抑え、血中の中性脂肪の上昇を穏やかにする働きが認められており、トクホ飲料でも販売されています。

お茶ダイエットをするなら、最初にチェックしたいお茶と言えるでしょう。

プーアール茶

プーアール茶は、中国茶の一つで中国語で「普耶茶」として親しまれています。茶葉を発酵させて作るお茶です。

プーアール茶に含まれる没食子酸、重合型カテキン、タンニンといったポリフェノールの他にビタミンB1、B2やカリウム、鉄、マグネシウムなどのビタミン&ミネラルや17種類のアミノ酸が含まれています。さらにリパーゼ酵素をという脂肪の分解を促す成分が含まれており、脂肪燃焼、脂肪の吸収を抑える働きやデトックスなど、余計なものを排出するのに役立つお茶として知られています。また、カフェインは少なめなので、カフェインを控えたい人にもおすすめです。

サラシア茶

サラシア茶はテレビCMでも放送されてダイエットに役立つお茶として有名になったお茶です。原産はインドやスリランカに自生する樹木「サラシア」を原料にしています。

サラシア茶は原料であるサラシアに含まれるサラシノールという有効成分の働きで、糖の吸収を穏やかにする働きと、腸内環境を整えるための善玉菌のエサを運ぶ働きが期待できるのが特徴です。その効果はWHO(世界保健機構)にも効能を認められているため、ダイエットにおすすめされています。

杜仲茶

杜仲茶は、トチュウの葉を原料にして作られたお茶で、カルシウムやカリウム、マグネシウム、亜鉛、リンなどのミネラル、ビタミンC、ゲニポシド酸などの成分が含まれています。カリウムが多く含まれることから、利尿作用によるむくみ対策のお茶としても知られています。

ダイエットの面では中性脂肪や内臓脂肪を減らす効果が認められており、メタボ対策のお茶として有名です。

明日葉茶

明日葉茶は、セリ科の野菜「明日葉」を原料にして作られたお茶で、カリウム、ビタミンE、カロテン、食物繊維、カルコンなどの成分を含みます。中でも明日葉特有成分であるカルコンはセルライト対策の成分としても知られています。さらに明日葉は食物繊維が豊富な野菜であり、100gあたり水溶性食物繊維1.5gと不溶性食物繊維4.1gの食物繊維を含むことから、ダイエット中のお通じのリズムを整えるのにも嬉しいお茶です。

黒豆茶

黒豆茶は、黒豆を原料にして作られたお茶で香ばしく、風味豊で飲みやすい穀物茶の一つです。黒豆は栄養が豊富で、たんぱく質、ビタミン類、ミネラル、イソフラボン(ポリフェノール)、サポニン、レシチン、食物繊維などの成分が含まれています。

サポニンはコレステロールの量を調整する働きが期待でき、食物繊維が豊富なことから、食事中の糖や脂肪の吸収を穏やかにする働きが期待できると言われています。

ごぼう茶

ごぼう茶は、ごぼうの皮を原料にして作られたお茶で、水溶性食物繊維、不溶性食物繊維の両方が豊富に含まれています。そして水溶性食物繊維のイヌリンは代謝アップにも働きかけ、食事中のコレステロールを吸着して排出することが期待できるため、ダイエット茶として人気が高いです。

ノンカフェインであり、子供からお年寄りまで幅広い年代の方が飲めるお茶でもあります。

ルイボスティー

女性を中心に人気が高いルイボスティーは、南アフリカの山脈に自生するマメ科の植物「ルイボス」を原料にしたお茶です。

ルイボスティーはミネラルも豊富でカリウム、鉄、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、銅、フラボノイドなど体の調子を整えるのに必要なものが含まれています。カリウムによる利尿作用で余分な老廃物を排出してスッキリとした体作りをサポートしてくれるため、むくみがちな女性にも愛飲者が多いです。

マテ茶

マテ茶は、南アメリカなどに自生するモチノキ科の植物「イェルバ・マテ」を原料にしたお茶です。イェルバ・マテは豊富な栄養が含まれるため、現地では飲むサラダとして親しまれています。ビタミン、ミネラル、食物繊維、ポリフェノールなどの成分が含まれていて、中でもゲニポシド酸というコレステロールや脂質の吸収を抑える働きが期待できると言われています。食物繊維も豊富なのでお通じの調子を整えるのにも嬉しいお茶です。

緑茶

緑茶は、煎茶、番茶、玉露、ほうじ茶、玄米茶、粉茶と種類が豊富ですが、それぞれ風味や成分に違いがあります。カテキンとカフェイン、テアニンといった成分が含まれます。脂肪燃焼に働きかけるカテキンやカフェインが含まれるため、ダイエット中の飲み物として優秀です。

玄米茶

玄米茶は、特有の香ばしい香りを持つ緑茶に玄米を混ぜて作られたお茶です。玄米茶にも緑茶と同様にカフェインやカテキンといったダイエットサポートにもなる成分を含みますが、他にカリウム、カルシウム、葉酸などが含まれています。そして血中のコレステロールを下げると言われている「γ(ガンマ)-オリザノール」という玄米茶の成分がダイエットに嬉しい成分として知られています。

紅茶

紅茶には、カテキン、タンニンなどのポリフェノールとカフェイン、カルシウム、カリウム、カロテン、鉄、などの成分が含まれており、ポリフェノールとカフェインの働きかけによって脂肪燃焼を促してくれます。さらにカリウムは利尿作用があるため、余分な老廃物の排出などデトックスにも役立ってくれます。

お茶ダイエットの方法・正しいやり方は?

お茶ダイエットの方法はとっても簡単です。

基本は普段飲んでいる飲み物をお茶に変えるだけ。お茶はノンカロリーですので、シチュエーションに悩むことなく飲むことができるダイエットに適した飲み物です。

さらに食前や運動前などに摂ることで脂肪燃焼を促してくれます。食事の前に飲むことでお茶に含まれるカテキンやポリフェノール、食事に含まれる糖や脂肪の吸収を穏やかにしてくれる成分によって、ダイエット中の食事コントロールをサポートしてくれます。

お茶ダイエットのポイントと注意点

お茶は適量飲むことでダイエットをサポートしてくれますが、実践する場合にはいくつか注意したいポイントがあります。

安全性や品質があやしい商品は避ける

飲むだけで痩せたなどの表現のお茶はおすすめできません。お茶はダイエットサポートにもなりますが、あくまで食生活と運動といったダイエットの基本を意識した生活をサポートしてくれるもので、薬のような効果は持ち合わせていないため注意しましょう。

一度に飲まず複数回にわけてこまめに飲む

お茶がダイエットに良いからと一度に沢山、もしくは1日に多くのお茶を飲むのではなく、こまめに適量を飲む習慣を意識しましょう。また、短期間に沢山飲むのではなく、継続して飲むことが大切です。

お茶を飲むときは砂糖やミルクは入れない

お茶はノンカロリーですが、味を飲みやすくするために砂糖やミルクを入れてしまうと、カロリーもアップしてしまうため、ダイエットのために飲むなら砂糖やミルクは使用しないのがおすすめです。

1日に飲むお茶の量は?

1日1リットルくらい目安に飲むのがおすすめされています。ただし、お茶には利尿作用のあるカリウムやカフェインが含まれますので、一度に沢山飲むのではなく、こまめに飲むことが大切です。

お茶はホットとアイスどちらでも良い?

お茶に含まれる成分に変わりはないので、どちらで飲んでも良いですが、茶葉から煮出す場合にはお湯で煮出す方が、茶葉の成分が出やすいのでホットの方がおすすめです。

ダイエットのためのお茶の正しい選び方とポイント

お茶ダイエットをするのにあたってどんなお茶を選べば良いか?悩みますよね。お茶によってそれぞれ特徴もあるので、自身の生活習慣や食生活に合わせて選ぶのが基本ですが、他にもいくつか抑えておきたいポイントがあります。

  • 目的に合ったダイエット茶を選ぶ
  • 安全性や品質が確かなもの
  • 毎日続けられる飲みやすさ
  • カテキンの含有量
  • カフェインの含有量
  • トクホ(特定保健用食品)を活用

これらを意識してお茶を選ぶのがおすすめです。

特に毎日続けられることは重要で、習慣化しやすいお茶を選びましょう。また、ダイエットをサポートしてくれるお茶のカテキンやカフェインといった含有量が表示されている場合は含有量をチェックするのもおすすめです。

さらに、含有している成分による一定の効果が期待できることが認められているトクホ飲料(特定保健用食品)は、ダイエットやメタボ対策をテーマとしたお茶ですので、「糖の吸収を抑える」「脂肪の吸収を抑える」といった表示があるトクホ飲料を活用するのも良いでしょう。

不発酵茶の緑茶、弱発酵の黄茶や白茶、そして半発酵させたウーロン茶と発酵が進むにつれてカテキンの酸化が進んで赤くなっていきます。
紅茶は茶葉を完全に発酵して作られるため、あのような赤っぽい色をしています。

お茶ダイエットに役立つコンビニで買えるお茶

近年では、お茶の健康効果に着目したトクホ飲料がコンビニやスーパーなどでも販売されています。コンビニなら手軽に購入することができますので、お茶ダイエットを実践するなら、知っておいて損はありません。

ヘルシア緑茶|花王【トクホ】

※画像出典:amazon.co.jp

花王から販売されている「体脂肪を減らすのを助ける」お茶です。茶カテキンの脂肪の分解と消費に働く酵素の活性を高める働きに着目しており、体脂肪が気になる人におすすめです。

ヘルシア紅茶|花王【トクホ】

※画像出典:amazon.co.jp

ヘルシア緑茶と同じく、茶カテキンの働きによる「体脂肪を減らすのを助ける」効果が期待できる紅茶バージョンです。紅茶が好みの人はこちらがおすすめですね。

伊右衛門 特茶|サントリー【トクホ】

※画像出典:amazon.co.jp

サントリーから販売されている伊右衛門のトクホ、特茶です。特茶は脂肪分解酵素を活性化させるケルセチン配糖体の働きによって、体脂肪を減らすのを助けてくれます。サントリーの臨床試験では8週目から体脂肪の低減が認められたといった結果が掲載されています。

黒烏龍茶|サントリー【トクホ】

※画像出典:amazon.co.jp

黒烏龍茶に含まれるウーロン茶重合ポリフェノールの働きで脂肪の吸収を抑えて、脂肪の排出を増やす効果から、脂肪がつきにくい体作りをサポート。食事の脂肪対策ができ、日本人間ドック検診協会推薦の商品でもあります。

2つの働き カテキン緑茶|伊藤園【トクホ】

※画像出典:amazon.co.jp

伊藤園から販売されているトクホのお茶です。ガレート型カテキンという茶カテキンの働きで、血中のコレステロールを減らし、脂肪の吸収を抑える働きが期待できます。

からだすこやか茶ダブル|コカ・コーラ【トクホ】

※画像出典:amazon.co.jp

難消化性デキストリンを配合したトクホのお茶です。難消化性デキストリンは糖の吸収をおだやかにして、脂肪の吸収を抑える働きが認められています。ダイエット中に外食など糖質や脂質の多い食事の機会がある時の食前に飲んでおくといった活用にも役立ちます。

からだ十六茶|アサヒ飲料【機能性表示食品】

※画像出典:amazon.co.jp

食事の脂肪と糖対策をテーマにした十六茶の機能性表示食品バージョンです。難消化性デキストリンを配合することで、内臓脂肪を減らすのを助け、糖の吸収をおだやかにしながら、脂肪の吸収も抑えるといった3つの機能性を持つお茶です。

食事の脂にこの1本|アサヒ飲料

※画像出典:amazon.co.jp

プーアル茶とウーロン茶というダイエットサポートで有名な2種類のお茶をブレンドしたプーアルブレンド茶です。

お茶ダイエットはダイエット成功の口コミも多い!

お茶ダイエットは食事のコントロールと共に習慣化して取り入れている人の間ではダイエットに成功したという口コミが多いです。そのため、様々なお茶の種類がTwitterやインスタグラムなどのSNSを中心にネットの口コミでも話題になることが多いんです。

お茶ダイエットで成功した人の口コミを見てみると

食事に気をつけているのですが、水を沢山飲むというのが苦手で、お茶を試すことに。その時にお茶ダイエットというものを知り、普段の飲み物としてウーロン茶や緑茶などを飲むようにしてみました。水分を意識する前よりも汗もかきやすく、お通じの調子も良くなったりと続けるうちに自然とダイエットになっていたので良かったです!

※個人の体験による感想です。

食物繊維が多めのお茶を飲むようになってからお通じの調子が良く、いつも張っていたお腹がスッキリとするようになりました。それのおかげか体調も良いので、食事を控えていても元気です。体の調子が良いと運動をしようという気になるのでお茶ダイエットには感謝しています。

※個人の体験による感想です。

というような声があります。お茶ダイエットで成功している人は、ただ飲むだけでなく、食事の面などを気をつけながら、サポートとして普段の飲み物をお茶に変えて習慣化している人が多いです。

逆にお茶ダイエットの効果が無かったという口コミでは

色々なトクホのお茶や通販のお茶を飲みましたが、やっぱり食事量を減らさないと体重が減るというのは難しいと思いました。ただ、お茶を飲むようになってトイレの回数も増えて、むくみが少し楽になったので、これからは食事を減らしてお茶ダイエットをしてみようと思います。

※個人の体験による感想です。

ダイエット中に外食続きで、高カロリーなものを食べることが多かったので、脂肪の吸収を抑えるトクホのお茶を飲んでいましたが、痩せませんでした。ただ、体重は増えなかったので、そこはお茶ダイエットの効果なのか?疑問ですが、やっぱり飲むだけでは痩せないかな?と思いました。

※個人の体験による感想です。

お茶ダイエットはただ飲むだけでは痩せるのは難しい面があるという口コミがあります。ただ、食事の中で摂りすぎ傾向にある糖質や脂肪などの対策としてメタボなどの予防を考えて飲むのは、飲まないよりも良いといえるかもしれません。

まとめ〜普段のお茶でダイエットサポート

お茶ダイエットの効果や飲み方、ダイエットに役立つお茶の種類をご紹介しました。

お茶ダイエットは誰でも取り組むことができるダイエットサポートが期待できるダイエット方法です。さらに、お茶に含まれる健康に良い成分も摂ることができるので、普段、水やお茶などで水分を摂る習慣が少ない人は水分補給にもなり、食事量を控えながらお茶を飲むことで健康的にメタボ予防やダイエットをサポートしてくれるでしょう。

お茶ダイエット成功のポイントは

  • 普段の飲み物をお茶に変える
  • 食事の前に忘れず飲む習慣をつける
  • 飲みやすくしっかり続けられること
  • 規則正しい食事と適度な運動も一緒に行う

という点です。お茶はノンカロリー飲料ですので、ダイエットにピッタリではありますが、薬のような効果は無いので、あくまでダイエットをサポートしてくれるものとして生活に取り入れるのがおすすめです。

美味しいお茶でダイエット始めてみてはいかがでしょう?

 

お茶ダイエットにおすすめ!メタボ対策でも話題になった「メタボメ茶」が今なら970円でお試しできます。
>> 12日分を970円でお試し!詳細ページへ

>> メタボ解消の知識TOPへ